×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青空活歩 of 青空プロダクション


青空活歩(あおぞら かっぽ)
高輪商高在学中、TBSラジオ番組「しろうと寄席」に出演、
鐘を乱打合格。高校卒業後、審査員であったコロムビアトップの門下となり、高校時代の友を誘いのちにトップ師匠により青空球児、場児の名称をゆるされる。
初舞台はミカン箱の上。のちに日大芸術部演劇学科に入り、その後、芸術学部放送学科に編入しNHKアナウンサーの今福さんにアナウンスメンツの指導を受ける。在学中、球児の紹介により現在の青空好児、桜などと三人でトリオハッスルを組み、コントで舟木一夫など歌手の前座を務める。日大芸術学部に学ぶ傍ら芸を修行、芸事が忙しくなり日大芸術学部を中退し、司会業に専念する。
その後、青空ジョージで漫談家となり東急文化寄席などで活躍、司会業を兼ねて、都はるみ、島倉千代子、守屋ひろし、鈴木やすし、尾崎紀代彦などの司会を担当。
昼はお祭り、デパート、遊園地などの司会を務め、夜はクラブなどで漫談をして千葉テレビ創設に伴い、民謡番組の司会を担当。その後、青空活歩と名称を改め、若手の育成をする。

東京寄席の主幹

【資格】一般社団法人 日本プロカウンセリング協会 2級心理カウンセラー

青空活歩.JPG

ページの先頭へ